テナント募集活動 - リーシングマネジメント

ビル運営の根幹となる収益の安定性を高めるため、オーナー様に代わってテナント募集や入居交渉、適切な条件提案、契約、更新、解約などの管理を行うことをリーシングマネジメントといいます。ビルの空室を埋めて、オーナー様の収益を向上させることが一番の目的です。より早期に空室を埋めていくためには、テナント向けに空室情報を幅広く配信することが重要になります。

ケン・コーポレーションのリーシングマネジメント

ケン・コーポレーションのオフィス仲介部門にて直接エンドユーザーに物件をご提案するだけでなく、他社のオフィス仲介業者とも協力し、早期空室改善を目指します。

Q
所有物件に空室が。どうしたら早く決まる?
A
お預かりしたビルの空室情報は、ビル運営管理部門からオフィス仲介部門へタイムリーに共有しており、賃貸オフィス物件を探しているエンドユーザーに対して直接営業を行っています。そのほか、住宅部門をはじめとした他事業部門でお付き合いのある企業経営者の方にも情報を随時発信するなど、社内でのネットワークを活用し、信頼できるテナントを誘致するための多角的なアプローチを実施しています。

オフィス仲介部門と連携したテナントへの営業

  • 経営者への直接営業
  • 電話営業
  • 周辺企業訪問
Q
所有物件の空室情報をより速く知ってもらうには?
A
当社のオフィス仲介部門での直接営業だけでなく、多数のオフィス仲介会社への情報発信にも力を入れています。空室情報は、タイムリーかつコンスタントに営業員へ情報が届くようにメールで情報配信を行っているほか、管理担当者が直接オフィス仲介会社へ訪問し、顔を合わせながらの打ち合わせや情報発信をしています。訪問での情報交換や物件の提案などの営業活動を行うことで、不動産業界内のネットワークを活用して多くのエンドユーザーへ物件情報が確実に届くように日々活動しています。

管理部門によるオフィス仲介会社への営業

  • 空室情報メールでのタイムリーかつコンスタントな情報配信
  • 多数の仲介会社との対面での情報交換・物件提案
Q
所有物件をより多くの人に見てもらうにはどうすればいいの?
A
内覧会を企画・運営し、多数の仲介業者やエンドユーザーに内覧して頂きます。参加者からの意見を集計して報告書を作成することで、幅広い意見を収集することができます。内覧会は建物の宣伝効果だけではなく仲介営業の持つマーケット情報を収集できる機会でもあります。空室物件の早期契約のアプローチ方法として、オーナー様にご提案します。

内覧会運営

  • 会場設営・接客
  • アンケート集計
Q
内覧の希望が入ったけれど急な対応は難しいし、内覧する方に専門的な物件説明もしなければならないの?
A
オーナー様の建物を担当する当社の担当者が責任をもって物件のご案内に立ち会います。急な内見希望への対応や専門的な事項の説明や、ご案内後のエンドユーザーへの反応フォローもきめ細やかに行います。

物件案内の立会い

  • 案内後のフォロー
  • 物件のコンディションチェック
Q
どうしたら入居テナントが決まりやすくなるの?このビルには何が必要?
A
入居率向上に向け、トイレリフォームやエレベーター改修などトレンドにあわせたリニューアル案を、工事担当者とともにご提案します。また、テナント候補の方により具体的にそこで活動するイメージをお伝えするためにレイアウト図面を作成するサービスも行っています。

改善提案

  • トレンドに合わせたリニューアル提案
  • レイアウト図面の作成