借りるとき・買うときの流れ

主な手続きの流れをご紹介します

借りる 買う
選ぶ 1.予算を決める 敷金・礼金・仲介手数料など、一時費用としておよそ賃料の6ヶ月分程が必要となります。又、保証会社の利用・駐車場を別途借りる場合の予算・引越し代なども別に勘案する必要があります。 1.予算を決める 物件の価格のほかに、仲介手数料・登記費用・保険費用等の諸経費はおおよそ物件価額の6%~8%が目安となります。住宅ローンの金利、毎月の返済額などについても試算しておきます。
2.物件を探す・見つける ご希望の条件・物件を弊社にお問い合わせください。担当営業員からご希望に沿った物件をご紹介させていただきます。物件の検索はこちらから  実際に内覧される際には、建物、設備、及び周辺環境等をご確認下さい。又、水道光熱費、放送視聴設備等の料金形態は必ずご確認下さい。お車をお持ちの方は駐車場の入庫可能サイズを確認した上で、実際に駐車をして確認頂くことをお薦め致します。
決める 3.物件を決めて申し込む 書面で申し込みをします。申込書は必要項目を記入漏れなくご記入いただき、申込書に記載された必要な書類をご準備ください。
・1度にお申込を頂けるのは1物件のみで同時に複数の物件はお申込頂けません。・ご提出頂きました申込書はお客様の個人情報として厳重に取扱いを致します。 ・ローンの仮申し込みなども、この段階で行います。
  相手方と申し込み内容につき、合意・承諾いたしましたら、契約の運びとなります。
契約する ※重要事項説明・契約の際には、実印と本人確認ができる書類が必要となります。
4.重要事項の説明を受ける 契約の締結に先立ち、宅地建物取引主任者が「重要事項説明」及び、東京都内に所在する賃貸物件の場合は「賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明」を、借主・買主様に実施致します。このとき、契約と物件の内容をよくご確認ください。
5.契約を締結する 合意した契約内容を書面にし、双方が捺印いたします。
・連帯保証人の捺印も必要となります。・保証会社を利用する場合は、契約書と同時に保障委託契約書を締結していただきます。・住宅総合保険への加入手続きも必要となります。 ・売主に手付け金を支払います。・仲介物件の場合、このときに仲介手数料の一部若しくは全てのお支払いが必要となります。
5.5.住宅ローンを契約する 住宅ローンを利用される方は、売買契約後に金融機関に借入れの申込を行います。ローンにはさまざまな商品がありますので、ご相談ください。
6.契約金のお支払い 契約書の締結が完了したら、賃貸人に賃料・敷金等の契約金、弊社に仲介手数料をお支払いいただきます。 6.残金を支払い、登記書類の引渡しを受ける 引き渡しの準備が整ったら、残りの代金を支払います。売り主から鍵・登記に必要な書類の引渡しを受けて、不動産の登記手続きを行います。
入居する 7.ご入居の準備をする ご入居までに、電気、水道、ガス、電話などの転居、転入の手続きを実施しましょう。郵便局への移転届け提出や、ご利用されている各種サービスへの解約・住所変更手続きも必要となります。弊社では引越し会社のご紹介も承っております。詳しくはご相談ください。
物件のお引渡しを受ける ・契約書記載の契約開始日から物件をご使用いただけます。鍵や取扱説明書などのお引渡しもそのときに行われます。・ご入居の後、物件の状況や修理を要する箇所等について、賃貸人に申告する必要があります。確認書をお渡ししますので、ご提出を御願いいたします。
賃貸売買 賃貸借申込書 購入された物件の賃貸をご検討される場合はこちら(貸す)

更新・解約について

更新する

契約期間満了後、契約で定められている次の期間の契約が続くことになります。

  • 定期借家契約の場合は、定められた期間で契約が終了します。契約満了日は必ず借主様ご自身にて契約書をご確認ください。また、更新料の有る契約の場合は、更新時に契約で定められている更新料を貸主様にお支払いいただきます。

解約する

解約される場合は、借主様から貸主様へ書面で通知することが必要になります。その場合、事前通知期間(1~2ヶ月)が契約で定められていますので、必ず借主様ご自身にて契約書をご確認ください。

関連情報