借りるメリット、買うメリット

借りると買うでは、それぞれメリットが異なります

お客様が住まいを「借りるとき」、「買うとき」では、それぞれメリットが異なります。判断を迷われている方は、ぜひご参照ください。

住まいを借りるときの主なメリット

1住み替えがしやすい

家族の成長や生活スタイルに合わせて住環境を変化させることができます。また、会社が変わったり、近隣とトラブルがあったりしたときも、住み替えがしやすいというのもメリットです。

2ローンに縛られない

長期間にわたる住宅ローンの支払いに拘束されず、自分らしいライフスタイルを描くことができます。

3設備の修繕費用がかからない

風呂釜やトイレ、エアコンなどの設備の修繕費用は、オーナーが負担してくれます。

住まいを買うときの主なメリット

1資産を持つことができる

家という資産を持つことで、将来その資産を子どもに残すことができます。また、そのことが社会的な信用につながる場合もあります。

2自由にリフォームできる

自分の好みに合わせて内装を換えたり、家族の成長に合わせて住宅設備をグレードアップしたりと、自由にリフォームができます。

3賃貸物件にすることができる

いざとなれば、誰かに住まいを貸して賃貸収入を得ることができます。

関連情報