貸す、売るでお悩みの方へ

売ると貸すでは、それぞれメリットが異なります

オーナー様が不動産物件を売った場合と貸した場合では、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。どちらにするか迷っていらっしゃる方は、まずお互いのメリットを確認してください。

「住まいを売るときの主なメリット 資産を有効な形に、組み換えることができます 不動産の売却で得た収入は、現金やほかの不動産などに形を変えます。住まいを売る場合には、そのときの経済情勢に合わせて、有効な形態で資産を所有運営することが大切です。

住まいを貸すときの主なメリット 資産を所有しながら、収入を得ることができます 不動産は所有するだけでは収入を生みません。誰かに賃貸することで、資産価格の価値にプラスアルファの収入を得ることができます。また、将来的な自己使用を見据えて、定期借家制度を利用することも可能です。

物件に関する環境・条件を考慮しましょう

利便性が高い都心エリアでは、住まいとして賃貸物件を選択する人々の需要が大きいため、「貸す」という選択をした場合にも、空室リスクが低く比較的安定した賃貸収入が見込めます。一方、郊外エリアで駅から距離があるマンションなどの場合、入居者が見つかりにくい可能性があり、「貸す」には少しリスクがあるといえるでしょう。

また、「売る」という選択をした場合、立地の特性はそのまま利点となるケースが多く、自己使用が多い郊外エリア、賃貸目的での購入者が多い都心エリアなど、それぞれに購入需要が見込めます。ただ、地域条例や土地の形質などにより、売却方法が制限される場合もあるので、注意が必要です。

このように、「売る」か「貸す」かを判断するためには、立地や特性を見極める必要があります。立地や特性に合わせた需要の有無など、詳しい情報については当社の各エリア担当者にお問い合わせください。

目的に合わせた収入や価値を検討しましょう

投資目的ではなく、相続や居住目的で取得した不動産を活用するとき、「貸す」場合はどの程度の収益を得られるのか、「売る」場合にどのような障害があるのか、を明確にする必要があります。

住宅ローンの支払いと売却の検討

転勤などの理由で住まいを離れる場合、「貸す」という選択は物件を維持しつつ、ローンの支払いを補助してくれる有効な手段となります。ただし、ローンの形式によっては控除が受けられなくなる可能性がありますので、ローンを組んだ銀行と相談する必要があります。賃料が支払額に見合わない場合は、売却を検討することも必要でしょう。