先輩社員の声

高度な提案力で賃貸経営を支えるプロパティマネジャーになる ケン不動産リース株式会社 とう めぐみ 鄧 名殷 2014年入社 社会科学部 政治国際関係科卒

留学で培った語学力を生かせる仕事を

4年間、イギリスの大学に留学していました。海外に出てみて感じたのは、自分の考えを述べることの大切さ。学ぶとは、覚えることではなくて、考えることなんだなと気づかされました。それと日本のことを聞かれても、うまく答えられないことも多く、自分は日本のことをよく知らないのだなと気づき、あらためて日本を学びたいと思うようになりました。それが不動産に目を向けさせたきっかけにもなったのかもしれません。留学で培った語学力を生かせる仕事に就きたいと考えていました。不動産業というと、ドメスティックな業種というイメージが強かったのですが、海外留学生向けのイベントでKENと出会い、海外のお客様と関わることができる点に興味を持ちました。オリンピックを控えて、海外の投資家が日本の不動産に注目するようになっています。海外と日本の橋渡しがしたいと考えていたので、そんな私の希望をかなえる仕事があると知り、入社を決めました。

不動産を運営するという視点で、担当物件と向き合っています

入社後、サブリース事業を推進するグループ会社のケン不動産リースに配属となりました。ケン不動産リースでは、高級賃貸住宅のオーナーさまより物件をお預りして、物件の管理、運営、リーシング活動から、退去時の精算、原状回復までの一切の業務を、オーナーさまに代わって行っています。私は現在、リーシングチームに所属し、主にテナント募集時のリーシング資料の作成、社内外への物件情報の提供、入居申込みへの対応などの業務を担当しています。特に担当する物件の情報を、社内の営業担当者や仲介会社にアピールし、お客様にご紹介いただきやすい環境を整えることが大切だと考えています。このため社内営業部署の朝礼に出向き、新たに取り扱うことになった物件に関する情報を紹介したり、社内に配信するメールの作成にあたっても、物件の特長が把握しやすいよう工夫しています。また定期的に仲介会社を訪問し、担当物件を紹介すると共に、最新のマーケット動向を把握することにも注力しています。私たちは、不動産を運営する側のポジションにいるので、どのようにテナントに入ってもらえる物件にできるか、内装はどのように改善できるか、どのように営業担当者に積極的に紹介してもらえるのかという視点で、日々、担当物件と向き合っています。オーナーさまからお預りした物件ではありますが、自分の物件のように「利益の最大化」について試行錯誤しながら考えられることに、手応えを感じています。

海外と日本との橋渡し役を担えるようになること

印象深い仕事は、本配属が決まって2ヶ月ほどで、香港の出張に同行させていただけたことです。香港の投資家が取得した東京の賃貸マンション数十戸の運営、管理を受託するという案件で、契約書にサインをいただくための出張でした。両親が香港の出身で何度も渡航したことのある馴染みがある土地で、傍らに同席させていただくだけとはいえ、契約の場に立ちあえたことは、貴重な経験でした。海外のオーナーさまに対して、KENが東京でどのような立ち位置で仕事をしているのかをご理解いただき、不安材料を取りのぞき信頼を得るのは、けっして簡単なことではないのだなと感じました。同時に、将来はこうした場の主役として、海外と日本の橋渡しができるような人材になりたいとの思いを強くしました。

プロパティマネジメントを推進していきたい

現在は、リーシング業務をメインに担当していますが、将来的にはプロパティマネジャー(PM)として物件の運営、管理を統括するような立場で仕事をしていきたいと思います。そのために、現在の仕事を通じて、不動産に関する知識を増やし、マーケットを読んだ適正な賃料を定める感覚や、物件の価値を高めるための提案力、レポーティング力、アカウンティング力を養えるようにしていきたいです。また、こうした業務理解をより深めながら、海外オーナーとのやり取りや海外投資家にもプレゼンができるようになることが目標です。

チャレンジし続ける会社

KENを一言で表現するなら「チャレンジし続けている会社」だと思います。KENグループでは不動産業を取り巻く周辺分野へも事業を展開していますし、現状の業務改善にも挑み続けていると感じます。また高級な物件を扱っていることは、たいへん刺激になります。良いものをたくさん見て、目を肥やす機会が豊富にありますし、私たちが関わるオーナーさまやテナントさまからも、多いに刺激を受け、また多くを学ぶことができます。私が一緒に仕事がしたいのは、前向きな人。不動産業が好きな人。楽しく仕事をしたい人です。たとえば住宅や不動産を見ることが好き、というだけでもいいですし、部屋の模様替えだったり、インテリアに興味があるという方、自分で何かを変えていくことに楽しみを見出せる方も向いていると思います。いつも笑い声の絶えない和やかな職場で、楽しく仕事をしていきましょう。

1日のスケジュール

  • PREV
  • 先輩社員の声一覧
  • NEXT