土地活用の流れ

主な流れをご紹介します

ケン・コーポレーションは、お客様から土地活用のご相談をいただいた後、以下の流れでお話を進行します。

  • 流れはご相談内容によって変化します。

1土地活用のご相談

お客様の土地の背景や概要をヒアリングし、土地活用をお考えになった経緯などを、詳しくお伺いします。

2物件査定

実際に現地へ赴き、土地形状や隣接地を入念に視察します。また、現地周辺の道路幅員や交通の利便性、近隣施設などをチェックします。

3法的調査

土地が法律上、どのような位置付けになっているのかを調査します。各役所へ赴き、都市計画や道路の調査、権利関係や土地形状などの調査を行います。

4市場調査

当社が蓄積してきたさまざまなデータをもとに、あらゆる角度からその土地の適正を探ります。売却した場合の相場感なども念頭に置きます。

5土地活用の提案

査定内容に応じて、いくつかの土地活用の提案をさせていただきます。必要に応じて、建築士や各専門家へも相談いたします。

事業化後の流れ(賃貸住宅企画の例)

6設計

市場調査を踏まえた収支計画に基づき、建物構造から住戸の割り付け、居室設計など、建築計画の詳細を決定します。

7着工

申請関係や近隣への対応のサポートをはじめ、インテリア業者の選定や、検査業務の立ち会いなどを行います。また、工程管理のほか、リーシング戦略も進めます。

8竣工

竣工後の検査立ち会いのほか、竣工後の運用を見据えたリーシングや、建物管理のサポートを進めます。

9入居募集 > 入居 > 管理

竣工後も、入居者の募集から入居中の対応、建物の管理など、総合的にサポートを行える体制を整えています。