松涛アパートメント

渋谷駅徒歩11分。その好アクセスでありながら、閑静な邸宅地である街。
江戸時代、松涛は紀州徳川家の下屋敷があったところでした。それを賜った旧佐賀藩主の鍋島家が狭山茶を移植して「松濤園」という茶園を開き、その名を今もこの地に轟かせています。松涛アパートメントの目の前には鍋島松濤公園、裏手には区立松濤美術館があり由緒正しい趣のある街並みが感じられます。

物件概要

所在地 東京都渋谷区松濤2-14-1
施工会社 前田建設工業(株)
交通 山手線「渋谷」駅 徒歩11分
井の頭線「神泉」駅 徒歩4分
旧分譲会社 丸紅(株)・NTT都市開発(株)
竣工時期 2004年1月
権利形態 所有権
総戸数 50戸
駐車場
構造/階数 鉄筋コンクリート造/地上7階地下2階
平均専有面積
敷地面積 2736.95m²
中心の間取り

松涛アパートメントの物件一覧

現在、募集中のお部屋はありません。

こだわりのテーマから探す
ペットと暮らせるマンション特集

家族の一員、ペットと暮らす生活

一戸建て特集

都心部の一戸建て住宅のご紹介

Famous Properties –ブランドマンション-

東京、神奈川エリアを代表するブランドマンションをご紹介