お問い合わせ

戻る

住宅賃貸

創業から「外国人エグゼクティブ向け賃貸」にこだわり、都心で「いい部屋」を探される方に洗練されたホスピタリティと質の高い「高級賃貸」仲介サービスを提供して参りました。優れたチームワークと「高級賃貸専門」というプロフェッショナリズムで理想のお部屋探しをサポートします。

閉じる

戻る

住宅購入

VIPクラスのお客様との交流を通じ、洗練されたホスピタリティと質の高い売買仲介サービスを提供して参りました。高級物件のオーナー様から多数の物件を専任でご依頼いただくなど、公開・非公開を合わせ業界トップクラスの高級住宅取扱い数を誇ります。

閉じる

戻る

住宅の賃貸募集・管理

変動が激しい都市部マーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、オーナー様の「貸したい」「管理してほしい」をトータルでサポートします。

閉じる

戻る

住宅・土地の売却

変動が激しい都市部マーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、オーナー様の住宅・土地の売却をトータルでサポートします。

閉じる

戻る

賃貸オフィス

賃貸オフィスを探しているテナント様のために、物件のご紹介から条件交渉、契約締結、移転まで、きめ細やかにサポートします。外資系法人の仲介実績も多くあります。

閉じる

戻る

事業・投資用不動産

個人・企業を問わず都心の高級物件のオーナー様より多くの物件を専任でご依頼いただいています。そのため、事業用地、投資用収益物件に加え、自社ビルや社宅等の多彩な物件をご紹介できます。

閉じる

戻る

賃貸企画・経営

都心の高級不動産に特化することにより培った高い専門性と実績により、高い収益性と安定稼働を実現する賃貸住宅の企画・経営をオーダーメイドにてご提供します。

閉じる

戻る

ビル運営管理

都心のマーケット動向を的確に把握した上で、管理コストの適正化や資産の維持、バリューアップなどオーナー様のビル運営管理をトータルにサポートします。

閉じる

戻る

不動産売却

変動が激しい都市部のマーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、法人のオーナー様の不動産売却をトータルでサポートします。

閉じる

戻る

不動産開発

タワー型大規模賃貸マンションをはじめ戸建・オフィス・国内外ホテルなど幅広い不動産開発のプロジェクトマネジメント業務を行っています。​

閉じる

戻る

ケン・コーポレーション グループ

不動産事業に加え、ホテル事業(プレミアホテルグループ)・太陽光発電事業・エンターテイメント等の文化事業を手掛けています。

閉じる

戻る

ケン・コーポレーション

都心の高級賃貸・高級住宅を専門に取り扱う総合不動産会社として、独自のネットワークと創業40年以上の実績とノウハウを活かし、お客様のニーズを実現するサービスをご提供します。

閉じる

東京の高級低層マンション特集

東京の名だたるブランドマンションの中から低層マンション(5階以下)に絞ってご紹介する特集です。ブランドマンションに限定した、低層中古マンションの賃貸・売買情報を築年順に掲載しております。

●低層マンションとは
低層マンションの定義は3階以下~5階以下と明確な基準はありませんが、この特集では地上階5階以下のマンションを低層マンションとしてご紹介しております。第一週低層住居専用地域に所在することもある低層マンションは、土地の魅力を最大に惹きだす設計や仕様が魅力。低層マンションの中古住宅購入・賃貸・売却査定などのご相談を承っています。募集に際しての価格・賃料などお気軽にご相談ください。

●低層マンションの募集中物件をさらに探す
-低層マンションの賃貸物件はこちら》
-中古低層マンション(構造が地上5階以下・8000万円以上)の売買物件はこちら》

低層マンションの一覧へ戻る

低層マンションの定義とは?

低層マンションに明確な定義はありませんが、概ね3階〜5階建てのものを低層マンションと呼ぶことが一般的です。この特集では5階建て以下のマンションを低層マンションとしてご紹介しています。
高層マンション、超高層マンション(タワーマンション)は、消防法上の高さ31m、建築基準法の60mを目安として区別されているようです。高さ31m以上の建物は消防法上で「高層建築物」と呼ばれ、高さ60m以上の建物は建築基準法上で超高層建築物に分類されています。

低層マンションのメリット

低層マンションが多く建てられている地域は、高さ10m(または12m)を以下にしなければならない、工場を建ててはならないなどの制限が設けられている住居の専用地域であることが大半です。工場や店舗を建てられてない住居専用エリアであれば、騒音や人混みもなく比較的静かな環境で過ごせるというメリットがあります。また、そういったエリアでは建ぺい率(敷地に対して建てられる建物地階の面積割合)の制限もゆとりを持って設定されているので、建物と建物との間隔も一定程度確保されております。静かな住宅街に住居を構えたい方にとって、多くの低層マンションは有力な選択肢といえるでしょう。

低層マンションにデメリットはある?

建築の観点では特にデメリットはないのですが、低層マンションを選択できるエリアが限られることがあります。交通利便性の観点で比較すると、住宅街に建てられる低層マンションより、再開発などで建てられる高層・超高層マンションの方が駅前の立地などを確保しているケースが多く、交通や商業が発展している駅であるほど「駅近の低層マンション」の選択肢は少なくなります。高さ制限等のある住居エリアは、人気の大型駅では徒歩10分〜20分程度かかることもあり、駅周辺へのアクセスを重視するか、環境面を重視するかで選択は大きく変わりそうです。

  1. HOME
  2. 住まい
  3. 住まいを探す
  4. マンションライブラリー
  5. ブランドマンションカタログ
  6. 低層マンション特集
  7. 東京の高級低層マンション特集