お問い合わせ

戻る

住宅賃貸

創業から「外国人エグゼクティブ向け賃貸」にこだわり、都心で「いい部屋」を探される方に洗練されたホスピタリティと質の高い「高級賃貸」仲介サービスを提供して参りました。優れたチームワークと「高級賃貸専門」というプロフェッショナリズムで理想のお部屋探しをサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

住宅購入

VIPクラスのお客様との交流を通じ、洗練されたホスピタリティと質の高い売買仲介サービスを提供して参りました。高級物件のオーナー様から多数の物件を専任でご依頼いただくなど、公開・非公開を合わせ業界トップクラスの高級住宅取扱い数を誇ります。

INDEX

閉じる

戻る

住宅の賃貸募集・
管理

変動が激しい都市部マーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、オーナー様の「貸したい」「管理してほしい」をトータルでサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

住宅・土地の売却

変動が激しい都市部マーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、オーナー様の住宅・土地の売却をトータルでサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

賃貸オフィス・貸事務所

賃貸オフィスを探しているテナント様のために、物件のご紹介から条件交渉、契約締結、移転まで、きめ細やかにサポートします。外資系法人の仲介実績も多くあります。

INDEX

閉じる

戻る

不動産購入

個人・企業を問わず都心の高級物件のオーナー様より多くの物件を専任でご依頼いただいています。そのため、事業用地、投資用収益物件に加え、自社ビルや社宅等の多彩な物件をご紹介できます。

INDEX

閉じる

戻る

賃貸住宅の企画・経営

都心の高級不動産に特化することにより培った高い専門性と実績により、高い収益性と安定稼働を実現する賃貸住宅の企画・経営をオーダーメイドにてご提供します。

INDEX

閉じる

戻る

ビルの運営管理

都心のマーケット動向を的確に把握した上で、管理コストの適正化や資産の維持、バリューアップなどオーナー様のビル運営管理をトータルにサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

不動産売却

変動が激しい都市部のマーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、法人のオーナー様の不動産売却をトータルでサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

不動産開発

タワー型大規模賃貸マンションをはじめ戸建・オフィス・国内外ホテルなど幅広い不動産開発のプロジェクトマネジメント業務を行っています。​

INDEX

閉じる

戻る

ケン・コーポレーション グループ

不動産事業に加え、ホテル事業(プレミアホテルグループ)・太陽光発電事業・エンターテイメント等の文化事業を手掛けています。

INDEX

閉じる

戻る

ケン・コーポレーション

都心の高級賃貸・高級住宅を専門に取り扱う総合不動産会社として、独自のネットワークと創業40年以上の実績とノウハウを活かし、お客様のニーズを実現するサービスをご提供します。

INDEX

閉じる

  1. HOME
  2. 住まい
  3. 住まいを貸す・売る
  4. 個人不動産資産の活用方法

個人不動産資産の活用方法

初めて個人不動産資産を活用される方も強力にサポートいたします。

相続、転勤などさまざまなライフステージのなかで、不動産資産の活用方法の機会は突然訪れます。その際の各種手続きや税金対策、活用方法を検討するには、何でも相談できるよきパートナーを選ぶことがとても重要になってきます。都心高級不動産の信頼と実績があるケン・コーポレーションは、初めて個人不動産資産を活用される方を丁寧にサポートいたします。

目的に合わせて収入や価値を検討

相続や居住目的で取得した不動産を活用するとき、「貸す」場合はどの程度の収益を得られるのか、「売る」場合にどのような障害があるのかなどを明確にする必要があります。

住宅ローンの支払いと売却の検討

転勤などの理由で住まいを離れる場合、「貸す」という選択は物件を維持しつつ、ローンの支払いを補助してくれる有効な手段となります。ただし、ローンの形式によっては控除が受けられなくなる可能性がありますので、ローンを組んだ銀行と相談する必要があります。賃料が支払額に見合わない場合は、売却を検討することも必要でしょう。

「売る」「貸す」でそれぞれ異なるメリット

「売る」場合、不動産の売却で得た収入は、現金やほかの不動産などの有効な形に組み換えることができます。また、高い売却益を出すためには、所有する不動産資産を、そのときの経済情勢に合わせた有効な形態で運営・管理していることがとても重要になってきます。

不動産は所有するだけでは資産価格の価値があるだけです。しかし「貸す」ことにより、プラスアルファの収入を得ることできます。また、将来的な自己使用を見据えて、定期借家制度を利用することもできます。

このように、「売る」と「貸す」とでは主なメリットが異なることを押さえたうえで、将来の資産形成やライフプランと合わせて、どちらを選ぶべきか検討してみてください。

「売る」「貸す」の判断には立地や特性の見極めが必要

利便性が高い都心エリアでは、住まいとして賃貸物件を選択する人々の需要が大きいため、「貸す」という選択をした場合でも、空室リスクが低く比較的安定した賃貸収入が見込めます。一方、郊外エリアで駅から距離があるマンションなどの場合、入居者が見つかりにくい可能性があり、「貸す」には少しリスクがあると言えるでしょう。また、物件の状態によっては入居者募集のために清掃や修復、リノベーション等を行う必要がある可能性もあり、初期コストを検討しておく必要があるかもしれません。

「売る」という選択をした場合、立地の特性はそのまま利点となるケースが多く、自己使用が多い郊外エリア、賃貸目的での購入者が多い都心エリアなど、それぞれに購入需要が見込めます。ただ、地域条例や土地の形質などにより、売却方法が制限される場合もあるので、注意が必要です。所有権の移転という大きな手続きになりますので、権利関係の書類の手配や銀行との調整など、賃貸と比べてオーナーが行う作業が少々多い点も考慮しておくべきでしょう。

このように、「売る」か「貸す」かを判断するためには、立地や特性を見極める必要があります。ケン・コーポレーションでは立地や特性に合わせた需要の有無など、詳しい情報を把握しておりますので、お気軽にご相談ください。ご要望に応じてメールでのご相談・現地を訪問しての状況確認など、フレキシブルに対応させていたします。

住宅の賃貸・売却査定を見る

関連事業・部門

  1. HOME
  2. 住まい
  3. 住まいを貸す・売る
  4. 個人不動産資産の活用方法