お問い合わせ

戻る

住宅賃貸

創業から「外国人エグゼクティブ向け賃貸」にこだわり、都心で「いい部屋」を探される方に洗練されたホスピタリティと質の高い「高級賃貸」仲介サービスを提供して参りました。優れたチームワークと「高級賃貸専門」というプロフェッショナリズムで理想のお部屋探しをサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

住宅購入

VIPクラスのお客様との交流を通じ、洗練されたホスピタリティと質の高い売買仲介サービスを提供して参りました。高級物件のオーナー様から多数の物件を専任でご依頼いただくなど、公開・非公開を合わせ業界トップクラスの高級住宅取扱い数を誇ります。

INDEX

閉じる

戻る

住宅の賃貸募集・
管理

変動が激しい都市部マーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、オーナー様の「貸したい」「管理してほしい」をトータルでサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

住宅・土地の売却

変動が激しい都市部マーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、オーナー様の住宅・土地の売却をトータルでサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

賃貸オフィス・貸事務所

賃貸オフィスを探しているテナント様のために、物件のご紹介から条件交渉、契約締結、移転まで、きめ細やかにサポートします。外資系法人の仲介実績も多くあります。

INDEX

閉じる

戻る

事業・投資用不動産購入

個人・企業を問わず都心の高級物件のオーナー様より多くの物件を専任でご依頼いただいています。そのため、事業用地、投資用収益物件に加え、自社ビルや社宅等の多彩な物件をご紹介できます。

INDEX

閉じる

戻る

賃貸住宅の企画・経営

都心の高級不動産に特化することにより培った高い専門性と実績により、高い収益性と安定稼働を実現する賃貸住宅の企画・経営をオーダーメイドにてご提供します。

INDEX

閉じる

戻る

ビルの運営管理

都心のマーケット動向を的確に把握した上で、管理コストの適正化や資産の維持、バリューアップなどオーナー様のビル運営管理をトータルにサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

不動産売却

変動が激しい都市部のマーケットにおいて、長年培ってきた膨大なデータと経験やノウハウをもとに、法人のオーナー様の不動産売却をトータルでサポートします。

INDEX

閉じる

戻る

不動産開発

タワー型大規模賃貸マンションをはじめ戸建・オフィス・国内外ホテルなど幅広い不動産開発のプロジェクトマネジメント業務を行っています。​

INDEX

閉じる

戻る

ケン・コーポレーション グループ

不動産事業に加え、ホテル事業(プレミアホテルグループ)・太陽光発電事業・エンターテイメント等の文化事業を手掛けています。

INDEX

閉じる

戻る

ケン・コーポレーション

都心の高級賃貸・高級住宅を専門に取り扱う総合不動産会社として、独自のネットワークと創業40年以上の実績とノウハウを活かし、お客様のニーズを実現するサービスをご提供します。

INDEX

閉じる

  1. HOME
  2. 住まい
  3. 横浜みなとみらい・湘南の住まい
  4. 横濱コラム
  5. 【山下公園・江戸時代】横浜を代表する臨海公園、そのルーツはフランス波止場

2014.1.13

Vol.22 【山下公園・江戸時代】横浜を代表する臨海公園、そのルーツはフランス波止場

開国前までは、波止場もない砂州が広がっていた

    
連日多くの人が訪れる山下公園

連日多くの人が訪れる山下公園

現在の山下公園は市民の憩いの場であると同時に、横浜を代表する観光地のひとつとして連日多くの人が訪れるスポットです。この地が開発されるのは幕末、開港後からになります。みなとみらい地区、大さん橋、山下公園までを含むこの海岸線一帯は、開国前まで砂州で、波止場も置かれていませんでした。先端は象の鼻に見立て「象ケ鼻」と呼ばれていました。陸地も、現在のような商業地の面影はまだなく、横浜新田、太田屋新田などの農地が広がっていました。

開国後まもなくして、フランス波止場が造られる

    
現在の大さん橋

現在の大さん橋

1858年(安政5)年、江戸幕府と諸外国のあいだで修好通商条約が結ばれた翌年の1859(安政6)年、横浜港が開港します。現在の山下公園の西側、大さん橋がある周辺に2カ所の突堤が造られます。輸出入貨物を扱う東波止場と国内の物資を扱う西波止場が設置され、イギリス波止場、メリケン波止場などと呼ばれました。のちに山下公園となる場所は東波止場のさらに東側に位置し、この時点では特に整備は行なわれていませんでした。その後、1864(元治元)年になると、貿易量の増加を受けて、現在の山下公園がある場所に新たに波止場が造られ、旧来の東西波止場は西波止場として統一されます。新しく造られた東波止場は、近くにフランス人居住区があったことからフランス波止場と呼ばれるようになりました。この地が現在の山下公園の中央部となります。

外国との貿易の拠点になり、外国人居留地も発展

    
当時は外国人の居留地として使用されていた

当時は外国人の居留地として使用されていた

フランス波止場はそれまでに使用されていた東波止場と同様に、外国船を対象にした新たな貿易の場となりました。この当時の様子は、現在の象の鼻パーク内に設置されている「象の鼻地区の波止場」と題した解説パネルで確認することができます。また、当時の波止場の前は貿易商を中心とした外国人の居留地として使用されていました。ここには現在ホテルニューグランドが置かれていますが、同じ地でこのホテルのモデルとなる施設が誕生しました。1863(文久3)年には、イギリス人のW.H.スミスが居留地(中区山下町)にあった自身の住まいを同じ国の人たちの社交場としてクラブを造り、宿舎として差し出しました。これが日本で最初のホテル組織となります。この組織はその後、クラブ・ホテルとなり、現在のホテルニューグランドのモデル、さらには日本国内にホテルが広がるはじまりとなりました。

山下公園エリアのマンションを探すならこちら